エアコン掃除の仕方を解説します!業者に頼らずセルフエアコン掃除

自分で出来るエアコン掃除

自分で出来るエアコン掃除とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

具体的な代表例を挙げておきます。
エアコン掃除の前には、危険防止の為にコンセントは抜いておきましょう。

 

 

○エアコンのフィルターを掃除する。

 

エアコンシーズン中でも、小まめにエアコンのフィルターを掃除しましょう。
エアコン掃除の基本です。

 

エアコンのフィルターだけなら、案外簡単に取り外しが出来ます。
エアコンのフィルターのホコリを掃除機で吸い取ったり、晴れた日であればエアコンのフィルターを水洗いして天日に干すのも効果的です。

 

エアコンのフィルターには、沢山のハウスダウト、カビ、ダニ、花粉が付着しています。
エアコンのフィルターを常にきれいにする事で、噴出される空気がきれいになります。

 

また、エアコンのフィルターの目詰まりを解消する事で、エアコンの電気代の節約やエアコンの故障を防ぎます。
念のため、水洗いの際には前もって取扱説明書を読みましょう。

 

 

○エアコンの吹きだし口を掃除

 

エアコンの掃除前には、必ずエアコンのコンセントを抜いて、エアコンの下に新聞紙でも敷いた方が良いです。

 

普段は閉じているエアコンの吹きだし口ですが、意外とホコリが溜まっています。

 

また、エアコンの吹き出し口をよく見てみて下さい。
黒いポツポツがありませんか?もしあれば、それがカビです。

 

エアコンの吹き出し口にカビが発生すると、当然、エアコンから吹き出す空気もカビ臭くなります。

 

大きなホコリは掃除機で吸い取るか手作業で掃除をして、カビが発生している場合には薄めた洗剤等を雑巾等にしみこませ軽く拭きましょう。

 

 

○エアコンの冷却フィンの掃除

 

エアコンの冷却フィンと呼ばれる、銀色の板が並んでいる部分です。

 

本来は、このエアコンの冷却フィンは触らないことをお勧めします。
エアコンの取り扱い説明書をよく読んでください。

 

恐らく、傷をつけないように書かれていると思われます。

 

エアコンの冷却フィンを傷つけてしまうと、エアコンの故障の原因となりますので十分に注意しましょう。
出来れば、エアコンの冷却フィンは、エアコン掃除業者にお任せする部分です。

 

一応、ご自分で出来る掃除を紹介しますが、あくまで自己責任でお願いします。

 

エアコンの冷却フィンの掃除時は、歯ブラシがあると便利かもしれません。
簡単にエアコンの冷却フィンのホコリを取ったら、エアコン洗浄スプレーを使いましょう。

 

エアコン洗浄スプレーは市販のもので構いません。
スーパーや量販店でも売られています。

 

エアコン洗浄スプレーを説明のとおりに5〜6回よく振ってから、エアコンの冷却フィンから5〜6センチくらい離して、冷却フィンの向きに沿ってスプレーします。

 

エアコンが故障しますので、横の電気部分には絶対にかけないように注意しましょう。

 

汚れた洗浄液は排水管からから出てきます。

 

Sponsored Link